サブドメインとサブディレクトリは、どちらがSEOに効果があるのか?って気になりますよね。でもその答えはどこにも書いてありません。

そこで今回は、スピードSEOが独自に考えたサブドメインとサブディレクトリの仕組みと、SEO効果について紹介します。是非参考にしてくださいね。

スポンサーリンク







サブディレクトリとサブドメインの基本

サブディレクトリとは?

サブディレクトリは、あるディレクトリの下層にあるディレクトリのことなので、大きな箱の中に分類された小さな箱とイメージするとよいでしょう。

では、どうやってサブディレクトリを見分ければいいのでしょうか?

サブディレクトリを見分ける方法

「http://example.jp/seo」というURLなら、ルートドメインが「http://example.jp」の部分であり、サブディレクトリはそれ以降の「/seo」の部分になります。

逆に、サブドメインについてみていきましょう。

サブドメインとは?

企業サイトに主に用いられるのがサブドメインです。独立したサイトとして運営できるようになります。

既存のドメインを使って異なるテーマでサイトを運営するのに便利です。

サブドメインを見分ける方法

たとえば、ヤフーのトップページのURLと違って、ヤフーショッピングは「https://shopping.yahoo.co.jp」のように、ルートドメインが英字によって区切られています。それがサブドメインである特徴です。

サブディレクトリとサブドメインの違いについて

独立性における違い

サブディレクトリは、ドメインという大きな箱に入った小さな箱のようなものです。元ドメインのSEO評価を引き継いでページを作成していくことになります。一方、サブドメインは元ドメインと区切られれているため、SEO評価をあまり共有しません。

サブドメインは独立性が高く、異なる存在のウェブサイトとして扱われるということです。

形成における違い

サブディレクトリは、元ドメインと関連性の深いページを作成するのに向いています。一方、サブドメインは、異なるテーマの独立したサイトを作成するのに向いています。

このように形成されるページがサブディレクトリとサブドメインで明確に異なるのです。

サブディレクトリとサブドメインの使い方

同じテーマで作成するならサブディレクトリ

一つのドメインで同じテーマのコンテンツを作成する場合、サブディレクトリでの運営が便利です。一つのドメインで一元的にサイトを管理するのが、サブディレクトリの使い方と考えてください。

異なるテーマで作成するならサブドメイン

サブドメインの使い方は、既存のサイトと関連性のない新規サイトの立ち上げに適しています。ドメインを新規に契約しなくても、独立性の高いサイトが運営できるからです。

SEOの観点ではサブディレクトリがいいって本当?

サブディレクトリによるSEOの評価

サブディレクトリは元ドメインのSEO評価を受け継ぎます。サブディレクトリで作成したページからドメインにSEO評価を送ることも可能です。

サブドメインによるSEOの評価

サブドメインもSEO評価を受け継ぎますが、サブディレクトリより小さいと言われています。

新規サイトを独立して管理するためのものだからでしょう。

まとめ

いかがでしたか?今回は、「サブドメインとサブディレクトリってどっちがSEOに効果あるの?分かると便利な使い方とは」について紹介しました。

サブドメインとサブディレクトリのどっちがいいのか?って議論は、今までもたくさんありましたね。どっちがいいのか?って答えはありませんが、ほとんどのサイトがサブディレクトリを採用していることを考えると、よっぽどのことがない限り、サブディレクトリ構造をお勧めします。

是非、参考にしてくださいね。