スピードアップデート(Speed Update)は、2018年Googleより発表された評価対象の1つです。
でも実際って本当にSEO的に評価されているかどうか、よく分からないですよね?

そこで今回は、ウェブサイトの読み込みスピードとSEO対策の関係、そしてスピードアップデートの対応方法について紹介します。

スポンサーリンク







スマホ時代の大定番!スピードアップデート(Speed Update)に対応しよう

スピードアップデート(Speed Update)とは

2018年1月、Googleから、ウェブサイトのページ読み込みスピードをモバイル端末での検索結果のランキング要素として用いることが発表され、7月9日から実際にアップデートされています。これが今回紹介するスピードアップデートです。

ではなぜGoogleはページスピードを重視しているのでしょうか?

それは、スマホユーザーの増加があげられます。ページスピードの遅さは、ユーザーの使い勝手を悪くさせるとともに、そのページに滞在する時間を低下させる大きな原因だからです。

ページスピードを改善することは、離脱率改善・そして運用コストの削減につながるとも言われています。

ページスピードとSEOとの関係

今後は、ページスピードが遅いために検索エンジンの評価が低下し、検索結果のランキングでも不利に判断されることになります。つまり、ページスピードの速さとSEOには濃密な関係があるということです。

ページスピードの基準は?

Googleはページスピードの具体的な基準を発表していません。具体的な基準を設けることが本質から外れているからでしょう。ページスピードの速さはユーザビリティにとって必須の条件であり、ランキングへの影響という以前にどんなページでも速くあるべきです。

ユーザーの快適さを常に考えていれば、ページスピードのためにランキングが下がることはないでしょう。ではどれくらいの表示速度なら合格になるのでしょうか?

「PageSpeed Insights」でページスピードを調べよう

Googleが無料で提供する「PageSpeed Insights」というツールを利用すれば、PC向け・モバイル向け両方のページスピードが計測できます。結果は100点満点で表示され、最適化や修正が必要な時には改善策も提示してくれるという優れものです。

ページスピードを改善する3つのポイント

1:サーバーのスペックを確認しよう

安価な海外のサーバーを利用している人は多いですが、海外だと接続距離の問題でスピードが低下する恐れがあります。また、レンタルサーバーでは、利用者の多い安価なサーバーほどアクセスの増加でつながりにくくなってしまいます。現状に問題がある場合は、同じサーバー会社でも上位プランに見直すのも一手です。

一押しレンタルサーバーは、アフィリエイターに人気のエックスサーバーです。エックスサーバーなら「mod_pagespeed」が無料で設定できるので一度試して見てはいかがでしょうか?

2:画像を圧縮しよう

ファイルサイズの大きな画像データはページスピードの低下の一大原因です。スマホで撮影した画像を使用する際は、そのまま使用するのではなくファイルサイズを圧縮してから使用しましょう。これによりスピードが改善される場合があります。

3:Wordpressテーマを変更しよう!

WordPressテーマにはアフィリエイトに特化したテーマがあります。自分のサイトに最適なテーマを選ぶことでスピードを低下させる余計な要素を減らせます。そこで、表示速度の早いWordpressのテーマを集めていますので是非参考にして見て下さい。

まとめ

いかがでしたか?今回は「スピードアップデート(Speed Update)に対応したSEO対策をしよう!表示速度を改善する3つのポイントとは?」について紹介しました。
表示が遅いだけでユーザーはサイトから離れてしまうものです。

スピードアップデート以前に、ユーザーの快適性を重視するにはスピードの改善が欠かせません。

是非今回紹介した3つの方法を活用して、ページスピードをアップさせましょう。