SEO対策を自分でする場合、簡単に使えるツールやソフトがあればとても重宝しますよね!そこで今回、有料・無料問わず、プロでも十分使えるツールやソフトを集めました。無料だから効果がないって思うのは大間違い!簡単に使えて自力でSEO対策できる方法を紹介します。

SEO対策に使えるツール・ソフトを活用してみよう!

SEO対策を自分でもできるツールが増えている!

SEO対策は、主に自分で行うか、業者に依頼するかの2つが多いと思います。以前であれば、自力でSEO対策を行う場合、ある程度専門的な知識が必要ですし、その情報を得ることは容易ではありませんでした。

その為、上位表示させるためにはSEO業者に依頼しなければ行けなくなり、SEO業界は高額な費用を請求するような強気の会社がとても多くなりました。となると費用がかかるということもあって、規模の小さい会社や始めたばかりのアフィリエイターは、ろくに稼ぐことができず、アフィリエイトはハードルが高い!稼げないという印象が付いて行きました。

事実、スピードSEOを立ち上げるきっかけとなったの「サイトをビジネスに活用したいけど業者に依頼するお金の余裕はない」といった悲鳴です。

こんな事情で本格的なSEO対策に乗り出せず、アフィリエイトを辞めていったアフィリエイターがとても多いようです。

無料だから使うのは逆にコストパフォーマンスが悪くなる!?

そんな事情もあって根強い人気を得ているのSEO対策ツールです。これらのツールを活用すればSEO業者に依頼する必要もなく、専門的な知識を求められることなく誰でも簡単に使用すれば、効果的な対策を行っていくことができます。

アフィリエイトの収益アップや、検索順位やアクセス数のアップを目指したい人にとっては理想的な選択肢ともいえる選択肢です。

しかし注意が必要です!

無料のSEO対策ツールは、需要も多くさまざまなメーカーから発売されていますが、100パーセント確実な効果が期待できるというわけではないのが事実だからです。何しろネット上の情報は刻一刻と変化し、そのツールが現在のSEO対策にマッチしているか疑問だからです。

有料・無料を問わず「検索順位を高いレベルで維持するためには継続的な対策が求められます。

本格的なアフィリエイターは、SEO業者に毎月お金を払いながらつねにアップデートしてもらう形で行うのが一般的。となると、ただ安いからといって無料ソフトばかりを使用する場合には、こうした点に注意して、対策できているかどうかで結果に大きな差が出てくるのです。

発売された当初は優れた効果が期待できた製品もあっという間にネット上の変化に取り残されて古くなってしまうケースも多いのです。

ではどうすればいいのでしょうか?

無料・有料だけではなくSEO対策機能の内容でツールを選ぶ!

個人アフィリエイターが、法人アフィリエイターに対抗するには、無料・有料で選ばず、SEO対策ツールの内容で選ぶことが大切です。

SEO対策ツールには、本当に役立つものから、本当に効果があるのか分からないようなもの、誰が買うの?という高額なものまで数多く存在します。

そこで今回、まずは無料・有料問わず下記の機能を兼ね備えたおすすめのツールを紹介して行きます。

自分でできるSEO対策におすすめ5ツール

目次

などがあります。それではスピードSEOでも活用しているSEO対策ツールを紹介します。

キーワード調査ツール

キーワード調査ツールは、ユーザーがどんなキーワードで検索しているのか?また狙ったキーワードに重要があるのか?どれくらい検索数があるのか?どのような関連語・類義語があるのか?など調べるのにとても役立ちます。

キーワードツールのおすすめ3選

  1. Googleサジェストツール
  2. Googleキーワードプランナー
  3. aramakijakejp
また、キーワードツールで探し出したキーワードを、さらに発展させるには、マインドマップやマンダラチャートを利用するとより効率的に行えます。

コピペチェックツール

コピペチェックツールは、WEB上に重複したコンテンツがないか調査するためのツールです。いくら自分で考えたコンテンツであっても、実はコピーコンテンツになっていた…。なんてことがあれば上位表示どころか、検索結果に表示さえされないことだってあります。

コピペチェックは、記事外注をよくされる方、競争の激しいコンテンツを書く場合などの必須ツールです。

コピペチェックツール2選

  1. コピペリンver2.0
  2. こぴらんラン

キーワード出現頻度ツール

キーワード出現頻度ツールは、コンテンツの中に対策キーワードがどれくらいの割合で入っているか調べるツールです。キーワードは、少なすぎても多すぎても、ペナルティを受けるリスクが高まります。スピードSEOでは、ほとんどのコンテンツで不自然にならないよう、3〜6%の割合でコンテンツ全体にキーワードをバランスよく入れています。

キーワード出現頻度ツール2選

  1. SEOTOOLS
  2. OHOTUKU.jp

アクセス解析ツール

アクセス解析ツールは、自分のサイトにどこからどうやってきたのか?またどのページを閲覧して離脱したのか?というWEBサイトの生情報をデータ化するために必要なツールです。アクセス解析ツールを利用する事で、人気のないコンテンツはリライトし、人気コンテンツはさらに充実させるという施策が可能になります。

スピードSEOでは、世界中で利用されているGoogle社のグーグルアナリティクスを利用しています。

順位計測ツール

サイトを運営し始めたら、毎日欠かさず行いたいのが、キーワードと順位の推移です。今どのキーワードで何ページ目に表示されているのか?ということを知ることは、アフィリエイトの収益を上げるためにもとても重要になります。

順位計測ツール3選

  1. スピードSEO管理画面
  2. 検索順位チェックツールGRC
  3. 順位チェック300

まとめ

今回は、「上位表示に効果出るかも?自力SEO対策で使えるツール・ソフトの選び方」について紹介しました。今どのようなSEO対策が主流なのか?どんなキーワードが流行っているのか?などを知っておくことで、自分のサイトの問題点・改善点を正確に把握したうえで最適化を行っていけます。

自分SEO対策をしなければ行けない部分が多くなりますが、より確実な効果が期待できるはずです!是非、参考にして検索順位の改善が期待できるツールをいろいろと探してみましょう。