SEO対策といえば、独学では難しくて、業者に依頼しなければいけないと誤解していませんか?実は、初心者でも簡単にできる基本的な方法があります。今回は、素人でも手軽に始めることができるブログを使って独学で学べるSEO対策について紹介します。

スポンサーリンク







独学でSEO対策のノウハウをつかむ

今は個人でもSEO対策ができるようになっている

検索エンジンのアルゴリズムは、現在ページの質ということに重点が置かれるようになっています。以前は、キーワードの数が多い、被リンクが多いなど、単なるデータ的な解析がなされていましたが、どれほど有益な情報をユーザーに提供できるかということが大事なポイントとなっています。

そのため、キーワードやタグ、リンクのつけ方などの複雑なテクニックがそれほど重要視されていないという傾向が強く見られます。これは、専門的な知識と経験を持つプロだけではなく、個人でも独学でSEO対策を学んで実践すれば、効果的なサイトを作れるということを意味しています。記事の内容を充実させ、本当の意味でユーザーの役に立つサイトを作ることで、小手先のテクニック以上のSEO対策ができるようになっているのです。

まずはSEOでやってはいけないことをきちんと覚える

初心者が独学でSEO対策を習得し実践しようと思うのであれば、まずはしてはいけないことを確認し、確実にそれを避けるようにしましょう。してはいけないことの一つとしては、コピペ記事、やたらと引用が多い記事を作ることです。サイトの立ち上げにはサイトの構成そのものに加えて、サーバーの設定や記事の執筆など、たくさんの仕事があります。

そこで、少しでも作業を減らそうとして、記事の中身を他のサイトから引っ張って楽をしようとする人もいます。しかし、コピペ記事は検索エンジンが嫌う筆頭項目で、評価を下げるだけです。そのため、必ずオリジナル記事とすること、そしてアップする前にコピペチェックをすることを忘れないようにしましょう。

また、意味なくキーワードを頻出させたり、被リンクを増やしたりすることもしてはいけません。昔のSEO対策の定石としてはこうした手段が採られていましたが、今これらのことをすると、逆にペナルティ対象となるだけです。

SEO対策の効果は体験から学ぶ

現在はページの質に重きが置かれていますので、まずは記事の中身を充実させることに集中するのが長い目で見て最も効果的なSEO対策となります。そして、SEOに関するノウハウを身に着けたいのであれば、独学でいろいろな手法を学び、自分のサイトで実験的に試してみるのが一番です。

というのも、SEOの対策では確実な一手というものは存在せず、状況によって臨機応変に対応していくことが大事だからです。じっくりと体験を通してどのような対応をしたら効果が表れるのかを学ぶようにしましょう。

そもそも初心者でもSEO対策はできるのか?

テクニックだけでなくなった現在のSEO対策

SEO対策と聞くと、難しくて複雑なテクニックが必要とされるものだと思い、初心者では無理だと感じる人が多くいます。確かに、以前のSEOはいろいろなテクニックが求められるものでした。

しかし、今では単にテクニックを使ったサイトを作れば検索サイトの上位に上がれるということはなくなっていて、サイト自身の質などが大きく関係するようになっています。そのため、初心者であってもポイントを押さえれば、十分有効な対策を施せるようになっているのです。

まずはキーワードの選定と埋め込みを意識する

SEO対策の経験があまりない初心者であれば、なによりも第一にサイト全体、そしてページごとのキーワードの選定と活用を意識するようにしましょう。検索アルゴリズムでは、特定のキーワードがどのくらいの頻度、どこでどのように使われているかをチェックします。

そのため、自分のサイトで何を表現したいかをきちんと決めて、それに見合ったキーワードを選ぶことが大事です。そのキーワードを基にして記事を作成していくのです。その際には、ユーザーが検索サイトでチェックするワードであるかどうかを、検索ツールを使ってチェックします。

いくら自分が使いたいと思った言葉でも、肝心のユーザーが使っていないのであれば、その言葉で検索される確率は下がってしまいます。そして、ページ内だけでなく、タイトルやディスクリプションなどページ、サイトの全体でキーワードが見られるように埋め込んでいきます。

外部リンクによっても検索順位は変わっていく

キーワードと同じように重要なのがリンクです。外部のサイトから自分のサイトへのリンクがたくさんあると、そのサイトは多くの人から好まれ、信用されている情報が載っていると検索エンジンは判断します。そのため、できるだけ外部リンクを獲得できるようにすることは、重要なSEO対策となります。具体的にはいくつかの手法があります。

より良いコンテンツを作り、自然と誰かがリンクを貼ってくれるのを待つという方法が一つです。もう一つは、自分でサテライトサイトを作り、そこからメインとなるサイトにリンクを貼るというものです。もしくはSEO対策対策会社に依頼するという手法もあります。

それぞれにメリットデメリットがありますので、自分にとってどれが合っている方法なのかを考えて外部リンクを賢く利用するようにしましょう。

ブログを書いて独学でSEO対策を学ぼう

サイトに比べると自由度が低い

手軽にできるSNSが登場したことで以前に比べると存在感は薄らいでいる印象があるブログですが、ネット上のメディアとしてまだまだ魅力的な可能性を秘めています。SNSは基本的に情報を「読み飛ばす」メディアなのに対してこちらは記事をジャンル・テーマごとに分類しやすいことから時間が経過しても読まれやすいメリットがあります。

長く読み続けられるに値するよい記事をかけるならこちらの方が断然優れているでしょう。またサイトに比べて作成も運営も簡単なのも魅力です。

こうしたメリットに対してseo対策の選択肢が狭いというデメリットがあります。サイトで行うようなtitleタグやalt属性をはじめとしたアルゴリズムにアプローチした対策がとれないため、検索エンジンでの検索順位をアップしたいと考えても有効な対策がなかなか取れないのです。

ただひたすら内容の充実を目指してがんばっているという方も多いのではないでしょうか。

ブログSEOにはどんな方法があるのか

しかしちょっとしたコツでSEO対策に役立てられる方法もいくつかあります。まずスマホでの閲覧を意識した内容にすること。スマホで表示したときに見やすいかどうか、画面がきちんと表示されるかどうかを必ず確認しておきましょう。

それから文章量を増やすこと。これはブログならではのメリット。SNSに比べて格段に多くの情報を提供できるメディアですから、そのメリットを最大限に活かしましょう。それだけ記事内容の充実度が求められるわけですが、それだけでなくいかにうまくキーワードを盛り込むことができるかが鍵となります。

ボリューム・内容とも充実した記事を作り続けていれば被リンクもどんどん増えていきます。ある意味がんばればがんばるほど結果が出るメディアともいえるのです。

またキーワードをタイトルに入れる、そしてタイトルと記事の両方で最初に入れると検索順位が有利になるので頭に入れておきましょう。

SEO対策を自分でする時の注意点は?

対策方法では注意したい点もいくつかあります。まずスパム行為と認定されるような基本的なことは避けること。とくにキーワードの使い方には要注意、たくさん入れすぎる、明らかに不自然な形で挿入しているといった記事内容だとマイナス評価になります。

あとブログでアフィリエイトを行っている方も多いはずですが、あまりアフィリエイトサイトのバナーを貼り付けていると検索エンジンがマイナス評価を下してしまいます。本当に役立つバナーだけを厳選したうえで貼り付けるようにしましょう。こうしたポイントを踏まえておけばSEO対策として役立ち、ブログを検索エンジンで上位表示させることも十分可能です。

いかがでしたか?今回は、SEO対策をしたことがない初心者でも、簡単に独学で学ぶ方法を紹介しました。どうしてブログを運営することが大切なのか分かったと思います。まずは、手柄な無料ブログを初めてみましょう。