SEO対策に効果のある、記事の書き方を知りたいと思ったことはありませんか?今回は、過去のアクセスがない記事のリライトも含めて、SEO対策に繋がる記事の書き方を紹介します。

SEO対策における記事作成の重要性

定期的な記事の投稿をしよう

アフィリエイトで、記事更新のペースはどれくらいがいいのか、これは意見が分かれるところです。アフィリエイトに割ける時間、そのジャンルについての知識量によっても変わってきますが、できることなら毎日更新するのがベストです。

SEO対策の基本は、記事作成を毎日続けて検索エンジンからの評価を高めることにあり、できることならサイトを作成してから3ヶ月くらいは毎日更新を続けるとよいでしょう。どうして記事作成がSEO対策に繋がるのか、それはすぐに更新をやめてしまう質の低いサイトがインターネット上には多くあるからです。

もちろん、更新が途絶えて記事数が少ないサイトが役に立たないとは限らないのですが、検索エンジンは更新が少ないサイトよりは更新が多いサイトを評価する傾向があります。

インデックス評価が安定するまでは定期的に更新しよう

ある程度、検索エンジンからの評価が定まってきたら、更新のペースを落としてもそこまで順位は下がりません。もちろん、同じジャンルで毎日更新を続ける強力なライバルが出てくれば話は別ですが、ある程度は安定してサイトを運営できます。

この一定の評価を得るまでがアフィリエイトで特に難しいところなので、SEO対策の一環として記事更新を毎日続けるのがベストです。そのため、最初のうちはとにかく記事を増やすことが重要なのですが、もちろん記事はしっかりと作り込まないといけません。

記事代行など外注する方法もおすすめ

真面目に記事作成を続けてもなかなかアクセスが集まらないなんてケースも多いですが、ここは地道に作業を続けるしかありません。もしくは、自分で記事作成をするのではなく、お金を出して外注のライターに記事を書いてもらう手もあります。もちろん、ライターに依頼するならそれ相応のお金が必要なので、稼げていないアフィリエイターからすればためらうかもしれませんが、やはり1人では限界があるのも事実です。

さすがに、ある程度はコツを掴まないと適切な依頼をできないので、最初は1人で記事作成に取り組む方がいいですが、慣れてきたなら外注ライターに依頼するのも手です。すでに1つのサイトで結果が出ているなら、外注ライターに依頼して新たにサイトを立ち上げるなんてケースも珍しくはありません。

自分でも記事を入れつつ、外注ライターに依頼してできあがった記事で新しい分野を開拓する、これも有効な方法です。アフィリエイトで手を抜いていい場面はありませんが、それでもサイトの立ち上げから3ヶ月くらいが最初の正念場なので、くじけずに記事を量産してください。

アクセスがない記事はリライトすることで蘇る

リライトすることもSEO対策に効果あり

新たな記事を追加して検索エンジンからの評価を高めるのが、SEO対策の基本です。しかし、新しい記事を追加する以外に、既存の記事をリライトして評価を高める方法もあります。すでに投稿済みなのに検索順位が優れない、そのような場合には記事を非公開にするのも手ですが、手直しで大きく生まれ変わることも多いのです。

もちろん、ライバルがあまりに強すぎるジャンルなどではリライトをしてもさほど評価が変わらないケースもありますが、それ以外に原因があるなら十分に効果が期待できます。サイト自体が一定の評価を受けている、ライバルが強いジャンルでもないなら、記事に何かしらの問題があると考えてよいでしょう。

求められる記事を考えて投稿しよう

例えば、クレジットカードの申し込みの体験談で記事を書いた場合、体験談としての体裁は整っているのに役立つ情報がないなんてことがあります。体験談というキーワードで検索する人の場合、当然ながら体験談を探しているのですが、ただ体験談を書くだけではなかなか評価には繋がりません。

気をつけたことはあるのか、審査で失敗したのなら理由は何なのか、など体験談から何かを学びたいと思っているから、検索して調べるわけです。日記に近いとどうしても得られるものは少なく、結果的にさっさと離脱する人が増えることが考えられます。

読みやすく分かりやすい記事を目指して

これはあくまで一例ではありますが、他にもタイトルは魅力的なのに中身が釣り合っていない、タイトルと中身が一致していないなどは代表的な失敗例です。このような問題があってアクセスがない記事も、リライトで大きく検索順位が変動します

記事を多く追加したけれどもアクセスが伸び悩んでいる場合、新たに記事を追加するだけでなくリライトによるSEO対策も有効な手段です。自分では記事のどこに問題があるのかなかなか分かりにくいものですが、本当に利用者に言いたいことが伝わっているかをチェックしてください。

ジャンルにもよりますが、難しい漢字が多くて分かりづらい、文字数を稼ぐために言い回しがくどいなどは陥りやすい失敗です。プロみたいに素晴らしい文章を書く必要はなく、分かりやすい言葉で誤解を生まないようにするだけでもだいぶ結果は変わってきます。期待通りのアクセスがある場合もリライトによるSEO対策は有効なので、記事数を増やして落ち着いてきた頃にはサイト自体をチェックしてください。

サイト運営では一部の記事のみが人気を集める形になりやすいですが、極端にアクセスがない記事があるならSEO対策の出番です。

いかがでしたか?SEO対策に効果のある記事の書き方についてご紹介しました。これで新しく投稿するだけでなく、過去の記事をリライトしてサイト価値を高めることができます。是非参考にしてみてくださいね。