SEO対策の時代はもう終わった。効果がでないからしなくていいよって聞いたことはありませんか?そんなたわ言に惑わされてはいけません。本当の対策を知れば全くの嘘だと分かるでしょう。今回は、どうしてSEO対策が必要なのか、過去の事例を参考にしつつ紹介していきます。

スポンサーリンク







SEO対策は不要になるのか?

SEO対策とコンテンツのマッチングを見極める

検索エンジンのアルゴリズムは、記事の質を重視する傾向が非常に強くなっています。そのため、キーワードの出現などのSEO対策は不要になっていると考える人も出てきています。確かに、明確にSEO対策をしなくても検索結果の上位に上がるサイトも多くなっています。しかし、これはすべてのサイトに当てはまるわけではありません。

サイトの特性によってSEOが関係する度合いは変わってくるのです。たとえば、小説や写真などの何らかの表現手法がメインとなっているサイトでは、どんなキーワードが何回出てきたかということよりも、その表現の価値が問われることになりますので、SEOへの対策はさほど重要ではありません。むしろ、SEOのことばかりに捕らわれて、自然で美しく、熱意のこもった表現が失われてしまう可能性があります。

この場合は、逆にそのままサイトを作り上げた方が良いでしょう。しかし、アフィリエイトや商品の宣伝などのためのサイトでは、いかにしてメインとなるワードを際立たせるかが重要になり、この場合はしっかりとしたSEO対策が必要となります。このように、サイトの種類によって、対策の不要、必要が決まってくるのです。

不要となるSEO対策の手法もある

こうしてみると、サイトごとにSEOへの対策が必要かどうかが分かれることになりますが、たいがいの場合はサイトは物販や宣伝のために用いられます。すると、やはり多くの場合でSEO関連対策が求められるということになります。しかし、これはすべてのSEO対策テクニックが必要であるという意味ではありません。

徐々に検索エンジンのシステムが変化していますので、不要となりつつある、もしくは重要度が下がっているものもあるのです。その一つが被リンクの大量設置です。以前は被リンクはたくさんあった方が有利という状況でしたが、その方針は変わり、より質の高いリンクのみを評価するようになっています。

そのため、無理に被リンクをSEO対策として増やすのではなく、厳選してリンクを作る、もしくは第三者が貼ってくれるのを待つ方が大事になっています。

やはりSEO対策は無駄になっていくのか?!

検索エンジンの動向を考えよう

世界中で利用されている検索サイトは年々、そのアルゴリズムを変化、調整させ、よりユーザーの益にかなった検索結果を表示させようとしています。そのため、上記で記載した通り、昔は効果を上げていたSEO対策の手法が無駄となってしまっているものもあります。その代表がリンクの数が多ければ多いほど高く評価されるという基準でしたね。

昔はこのアイディアに基づいて、ダミーサイトのようなものを大量に作って、そこから発リンクさせることによって検索順位を上げていました。しかし、この手法は廃れたものとなっていて、ほとんど効果がないばかりか、下手をすると検索サイトからのペナルティを食らうというリスクを抱えることになります。

キーワード対策についても変化が

SEO対策において最も重要な手法の一つと言えるのが、キーワードの扱いです。キーワードを選び、適切な回数文章内に入れるという内部施策です。しかし、大手検索サイトはアルゴリズムを潜在意味解析インデックスという手法を持って、キーワードを解析するようになっていますので、徐々にこの手法が無駄になりつつあります。

このアルゴリズムは、まったく同じ単語だけではなく、同じような意味を持つワードを見つけ、その出現回数や使い方によって重要度を判断するというシステムを持っています。つまり、「企業」という言葉と「会社」という単語は同じ意味を持つことが多いので、全体として同じように扱い、評価の対象とするということです。単純なキーワード選びや、文章内への埋め込みなどがあまり意味を持たなくなることになりますので、より複雑なSEO対策が求められることになります。

SEO対策はユーザーを第一に考えよう

このように、検索エンジンのアルゴリズムはより賢くなっています。そのため、SEOへの対策は無駄になってきているというよりも、ユーザーが求める情報にマッチしたコンテンツを提供する為の対策が必要になってきていると言えるでしょう。文章そのものの質を向上させるということもそうですが、キーワードの使い方にしても、機械的に用いるのではなく、よりユーザーにとって読みやすく、役に立つ言葉の使い方はなんなのかを考える必要が出てきているということです。

また、アルゴリズムは定期的に変わりますので、最新の検索サイトの規約や基準をチェックして、新しい変化についていけるようにする事もとても重要なポイントとなっています。

まだまだ過去のSEO大切も外せない

このように、それほどSEOへの対策が必要ないサイトがあったり、不要となりつつある手法があったりするのは事実です。しかし、検索キーワードに対して、的確なコンテンツを提供するという意味では、今後も必要な対策となります。

以上のことを踏まえると、今後も継続して対策を取ることには意味があり、一定の効果が期待できます。

いかがでしたか?今回は、将来的にSEO対策は不要になるのか?について紹介しました。本来はユーザーに価値あるコンテンツをより正確に伝える為にするべき対策です。つまり今後も最低条件としてSEO対策をしていかなければいけません。是非今後の参考にしてください。