検索エンジンで上位表示されるには、ナチュラルリンクを増やす対策が必要です。今回は、外部リンクに頼らなくても、自然と引用され続けるためには、コンテンツ政策がどれほど大切かSEO対策の実例と合わせて紹介します。

スポンサーリンク







上位表示させたければナチュラルリンクを増やそう!

ナチュラルリンクとは?

ナチュラルリンクとはその名前の通り「自然に貼られたリンク」のことです。つまり役立つコンテンツは、引用されることが多々あります。こうして引用されていく過程で、自然とつながりができてリンクが貼られて行くリンクのことをナチュラルリンクと呼びます。

インターネットのよいところは関連する情報をどんどんたどっていくことができる点です。たとえばファッション関連の情報を入手したい場合、まず検索エンジンで上位にリンクされたサイトからはじまって、下位のサイトへ、またはそのサイトでリンクされているサイトへ、またはサイトで入手した情報を元に新たなキーワードで検索して…と無限といってもいいほど情報の輪を広げていくことができます。

ですからその輪の中に入ることができれば自然とリンクも増え、アクセス数も増えるだけでなく、検索順位もアップするのです。しかしはじめに引用してもらうためには、やはりアクセスがなければ始まりません。

そこで大切になってくるのが、外部リンク対策です。

外部リンクはあくまで自然に

SEO対策ではリンク数を増やすことがとても重要な鍵ですが、不自然にリンクを貼ってしまうとかえって検索エンジンの評価が下がってしまう恐れもあります。明らかに関係ない、あるいは有名企業や人気のあるサイトから訪問者が流れてくるのを目的にリンクしている場合など。

SEO対策ではこうしたリンクではにく、同じジャンル、テーマのサイトと自然な形でつながっているほうが高評価を受けやすいのです。あくまで関連性、リンクをたどって訪問してくれた人がメリットを得られるようなリンクを心がけるようにしましょう。

ナチュラルリンクを増やす方法は?

ではどうやってナチュラルリンクを増やしていくことができるのでしょうか?

これはただ外部リンクを貼るだけの、SEO対策のテクニックでは通用しません。充実したコンテンツでかつ、地道なサイト作りが求められる部分です。もっとも基本的な部分は「有益な情報を提供できるサイトを作る」です。

あるキーワードやテーマでサイトを探している人が訪れて役に立つ、リピーターを獲得できるようなサイトを作ることができれば同じようにリピーターを獲得している良いサイトとの間でつながりが出てくるものです。

ナチュラルリンクにはキーワード選びが大切

それからある程度時代の流れや話題にあわせたページや記事を書くこと。たくさんのサイトが話題にしているテーマをネタにすればその分自然につながりやすくなるというわけです。ただあくまで自分のサイトの目的から逸脱しすぎない範囲のネタにとどめるのがポイントです。

あとは基本的な部分として検索エンジンで引っかかりやすいようページのタイトルや本文のキーワード数をうまく設定する、サイトだけでなくSNSを有効に活用するといった点も踏まえておけばナチュラルリンクをそれこそ自然に増やしていくことができるはずです。

ナチュラルリンクをつけるためのバックリンク対策

シェアされるために大切なポイント

SEO対策といえばサイトの最適化、つまりサイトの内部をいかに検索エンジンで上位に表示されるかどうかが重視される傾向が見られます。しかし実際には内部だけでなく外部の状況、正確に言えば外部とのかかわりも検索エンジンの評価において非常に重要なポイントとなってきます。

ネットの最大の特徴は広くつながることができる点です。そして人気のある、有益な情報を提供しているサイトほど多くのサイトとつながる機会を持つことができます。つまりどれだけ他のサイトとつながっているかがサイトの評価を決める上でのとても重要な基準となるはずです。

たとえば同じテーマ・ジャンルで高い評価を得ているサイト同士がどんどんつながっていくことで検索順位がどんどん高くなっていく一方でそうしたつながりからあぶれてしまったサイトはどんどん順位が下がってしまう…そんな格差も起こりうるわけです。

そんな外部とのかかわりでSEO対策を行っていくうえでポイントなるのがバックリンク(被リンク)です。

外部リンク対策で注意するポイント

注意したいのはバックリンクが多ければよいというわけではない点です。ひと昔前は自分で別のサイト(サテライトサイト)を作ってリンク数を増やすといった対策方法も行われていましたが、現在ではこうした「数合わせ」はかえってマイナス評価、あくまで質の高い、関連性の高いサイトとリンクしているかどうかが問われます。

ですからサテライトサイトでリンクを増やす場合でもある程度の質が問われるわけです。

そのためにも質の高いサイトとリンクできるよう、自分のサイトの内容を充実させることが大事です。SEO対策ではどうしてもキーワード選定やtitle属性、alt属性といったテクニック面が重視されますが、肝心の内容が貧弱では外部からの評価を受けにくくなります。

有益な情報を提供できているか、頻繁に更新して鮮度を保っているかなど内容の充実も併せて行っていきましょう。

リンク先もテキストも多様性を持とう

バックリンクでサイトとつながるだけでなく、ブログやSNSといった媒体とつながるのもひとつの手段です。SNSとのリンクに関しては直接検索順位には反映されないと言われていますが、アクセス数の増加やSNSを通して他のサイトと結びつく機会を作るといった点で有効です。

つまり訪問者を増やすだけでなく、外部の良いサイトとつながる機会をイカに作ることができるかも検索エンジンで上位表示を実現する上では大きな意味を持ってくるわけです。魅力あるサイトを作って広い範囲に見てもらう。小手先のテクニックだけではない、サイト運営の本質が問われることになるでしょう。

いかがでしたか?SEO対策とはただ外部リンクを増やすだけではなく、ナチュラルリンクを増やすための、手助けに過ぎません。キーワード選び、コンテンツの価値があって初めて、外部リンク対策が生きてきます。ぜひナチュラルリンクを増やす参考にしてくださいね。