外部リンク対策って、ペナルティリスクが高いSEO対策の1つって知っていますか?そんなGoogleから受けるペナルティーリスクの高い外部対策の不安もスピードSEOなら一瞬で解決するための方法が可能です。今回は正しいリンクの貼り方について紹介します。

SEO対策における効果的な被リンクとは?

SEO対策において欠かせない手法の一つとなる

検索エンジンに高く評価してもらうためのSEO対策は、大きく分けると内部施策と外部施策の二つになります。内部施策とは、キーワードを置く場所や出現回数などを考慮することで、サイト内で行う手法のことを指します。一方で外部施策は被リンクをどうするかということがメインとなります。

検索エンジンは、サイトが価値のある情報を持っているか、信頼できるところかを判断する一つの材料として、被リンクがどのくらい、そしてどのように付けられているかを見ます。被リンクとは外部のサイトからリンクされているということを指し、他の誰かが自サイトを紹介する形になっています。リンクされるということは、紹介したいと思うような有益な情報があるということですので、検索エンジンも高く評価することになります。

効果の上がる被リンクとは?

SEO対策において被リンクはたくさんあった方がいいのは事実ですが、単純に数がたくさんあれば検索結果が良くなるということではありません。現在における効果的な被リンクとは、本当に意味のある被リンクがなされているかということに重点が置かれているからです。

以前は被リンクを増やすために、いわば囮のサイトを別に作り、そこからいろいろなサイトにリンクをさせ、被リンク数を稼ぐというテクニックが使われていました。しかし、今では自サイトと関係のない内容を扱っているサイトからのリンクや、あまりにも発リンクが多くて、意図的なサイト作りをしている場合は、逆に評価が下げられてしまいます。

そのため、効果が上がる被リンクとは、自サイトと同じようなテーマを扱っているところから、本当に紹介したいということで発リンクをされているものを意味します。SEO対策としては行う際には、必ず似たジャンルのサイトを選んでリンクをつけることが大事になってくるのです。

失敗しない被リンクの増やし方

このように、質の高い被リンクが現在のSEOへの対策では重要なのですが、どこかのサイトからリンクをしてもらうまで待つのは時間がかかってしまいます。もちろん、こうしたリンクは非常に質の高いものですので、ポイントをアップさせることにはなります。

しかし、スピーディーに結果を出したいというのであれば、複数のサイトを作る時に、まとめて同じようなテーマのサイトを構築してお互いにリンクさせるという方法を採ることができます。もしくは、SEO対策を行っているプロに依頼して、質の高い被リンクを増やしてもらうように依頼することもできます。

スピードSEOの外部リンクノウハウとは?

外部リンクのテキストは分散させる

上位表示化に効果があるとされる外部リンク対策ですが、スピードSEOではアフィリエイトの収益をよりあげられるように、複合キーワードにも注力しています。

その対策の1つとして、複合キーワードが4つまで無料対策というサービスです。

複合キーワードも必要

複合キーワードのSEOノウハウを公開することはできませんが、簡単にいえば「外部リンクテキスト」を分散させてる方法を取っています。つまりどういうことかというと、「記事代行」というキーワードであれば、通常「記事代行」というキーワードから、対策ページにリンクを貼っていきます。

この方法だと、上位表示するキーワードは「記事代行」のみとなります。しかしスピードSEOでは、初リンクするサイトのコンテンツに合わせて、「記事代行 おすすめ」というような複合キーワードを4つ作り、自然に組み込んでいます。

こうすることにより、アフィリエイトに効果のある「ロングテール」からアクセスを集めやすくなります。またドメインパワーも強くなり、安定した検索結果を得やすくなります。

外部リンクのドメインパワーが強くなくてはいけない

またどんなサイトからリンクを貼るかによって、検索順位は大きく変わります。特に注意しているのは下記の3点です。

リンクパワーを上げる為に必要なポイント
  • リンクテキストとコンテンツを合わせる
  • コンテンツを作りこむ
  • リンク先のコンテンツと合わせる

以上が、外部リンクのパワーを上げる為に必要な方法です。これをみても分かるように、ただリンクを貼れば順位が上がるというものではありません。

必要なのは、強いリンクをパワーを対策サイトに正しく送ることです。

ゆっくり自然に増やすのがSEO対策

今まで、ドメインパワーの強いサイトから、コンテンツマッチしたリンクテキストで送る方法を紹介しました。

最後に、リンクを貼るスピードについて説明します。

一般的に、外部リンクはどのような場合に増えるでしょうか?

  • シェアしたい記事だった場合
  • 参考にしたい場合
  • 紹介したい場合

外部リンクが増える場合は、質の高いコンテンツがあるからこそです。つまり内容が薄いコンテンツに、大量のリンクが貼られていると、クローラーは違和感を感じやすくなります。

また、公開してすぐに大量のリンクが貼られることも、不自然です。

つまり、質の高いコンテンツが公開され、インデックスされシェアされていくことを考えると、始めはゆっくりと少しずつリンクを増やしていくのが、いいといえます。

ある程度、露出が増えていけば自ずとナチュラルリンクが増えていき、リンクスピードは上がっていきます。

これが理想の外部リンク対策です。

いかがでしたか?今回は、SEO対策に効果的な外部外部対策について紹介しました。これでどのようにリンクを貼ればいいのか?または絶対してはいけないのはどういう方法か?について理解できたと思います。是非、正しい外部リンク対策を実施し、より自然で効果の高い「ナチュラルリンク」を獲得しましょう。