SEO対策の結果は、『キーワード選び』でほぼ決まると言われるほど、とても大切な作業の1つです。

どのキーワードで上位表示を狙うのか?今回は集客・成約率向上につながるキーワードの選び方を紹介してきます。

キーワード選びの3つのポイント

1.マーケティング方法の1つ『3C分析』をマスターしよう!

マーケティングの戦略を立てる時によく使用されるフレームワーク『3C分析』ですが、これは、キーワードの選定にもとても役立ちます。

ただ

  • 検索数が多いから
  • 人気のキーワードだから
  • 上位表示が簡単だから

などと、闇雲にキーワードを選ぶことはやめましょう。

もし上位化したとしても、そのキーワードがほとんど検索されなければ、意味がありません。

だからこそ、『3C分析』を用いて、キーワードを戦略的に選定することが大切になってきます。

マーケティングの3C分析とは

マーケティングのフレームワークの1つです。『市場・顧客(Customer)』『競合(Competitor)』『自社(Company)』の3つの頭文字をとって3C分析と呼んでいます。

市場・顧客(Customer)

キーワードを決める時に、『本当にそのキーワードで検索する人がいるのか?』ということを考えなければいけません。

そうしなければ、いくらそのキーワードで上位表示したとしても、検索する人がいない市場であれば、全くWEBサイトへの集客が見込めない事になります。

だからこそ、まずそのキーワードで市場があるのか?またユーザーがいるのかを考える必要があります。

競合(Competitor)

いくらいいキーワードが見つかったとしても、そのキーワードがレッドウォーシャン化していれば、上位化するのが難しくなります。

もし失敗すれば、ずっと上位表示することが出来なくなる可能性もあります。

特に、上位5社内に大手企業のサイトなどがひしめき合っている場合、よっぽどの理由がない限り、キーワードを変更することをおすすめします。

自社(Company)

SEO対策で成功するためには、まず継続的にオリジナルコンテンツを作り上げる必要があります。

これが『コンテンツSEO』と呼ばれる方法です。

独自のコンテンツがあることは、他社にはない強みにもなります。

もし、まだ自社の強みがない場合、早急に『知識・技術・ノウハウ・お客様の声・実体験』を作る必要があります。

2.ロングテールキーワードを狙おう

ロングテールキーワードとは、ビッグキーワードと合わせて検索する複合ワードのことを指します。

ロングテールキーワードは、複合ワードのほか、サブキーワードとして呼ばれることもあります。

『SEO対策』というキーワードで例えると、SEO対策はビッグキーワードになります。このようにキーワード1語に絞ってしまうと、上位表示する競合がとても多く、なかなか上位表示せずに苦労したり、機会損失をする可能性が高まります。

しかし『SEO対策 無料』『SEO対策 完全成果』などのように、ビッグキーワード+αの複合ワードで対策することで、早く上位化できる可能性が高まります。

また、複合ワードの場合、ユーザーの検索意図が明確となるため、より効果の高いアクセスを得ることが可能です。

[aside type=”normal”]スピードSEOは、すべてのお客様に『サブキーワード4つ無料』というサービスをしています。[/aside]

3.キーワードから検索意図を考える

検索キーワードをみれば、ユーザーの目的・検索意図を知ることが可能です。

この検索意図ですが、大きく2つに分けることができます。

それが、『調べるワード』と『買うワード』です。

調べるワード

調べるワードは、言葉の意味や解決方法などを調べるようなキーワードのことを指します。つまりユーザーの目的は『知りたい』『調べたい』という事になり、アクセス数は多くなりますが、結果的に調べることで満足してしまい、購入につながりにくいキーワードとなるため、あまりおすすめはできません。

買うワード

買うワードは、『買いたい』『行きたい』など、行動に直結するキーワードのことを指します。この場合、ユーザーの目的は、『買う事』『手に入れる事』を目的としている場合が多いため、購入に直結しやすくなります。

先程の例でいうと、調べるワードがビッグキーワードであり、買うワードは複合ワードとなります。

キーワード選びのポイントまとめ

SEO対策を行う為に、いかにキーワードを選ぶことが大切か説明させていただきました。

ただ、キーワード選びに答えはありません。

常に、ユーザーの行動を考えながら、キーワードを選びましょう。

  • マーケティングの3Cを活用する
  • ロングテールキーワードで対策する
  • ユーザーの検索意図を念頭にいれる

キーワードは、一度決めたら終わりではありません。

定期的に見直し、改善する『SEOサイクル』を回すことも大切です。