常時SSL(https)は、SEO対策の効果が期待できる方法の1つです。特にブラウザ「chrome68」以降、対応しないURLは警告が表示される為、対応が求められます。

今回は常時SSL(https)化する登録・301リダイレクトの方法について紹介します。

スポンサーリンク







WordPressのサイトを常時SSL(https)に変更しよう!

常時SSL(https)にしなければいけない理由

今まで、常時SSL(https)と言えば、ショップカートなど、支払や個人情報を入力する画面にのみ適用されていました。しかし、最近ではセキュリティーの観点から、閲覧するページにおいても、常時SSL化が推奨されています。

そして2018年7月、全世界で利用されているWebブラウザ「Google Chrome」において、SSLが設定されていないWebサイトは、アドレスバーに【保護されていません】と警告が表示されることが発表されました。

常時SSL(https)化のメリット

httpとhttpsの違いは、サイトのデータが暗号化して送信されるのか?そのまま送信されるのか?の違いです。

サイト情報やユーザーの個人情報が暗号化されて送受信されるため、プライバシー保護に役立ちます。またサイト閲覧者も、安心したサイトというイメージを抱くため、信頼性も向上するというメリットがあります。

常時SSL(https)化が未設定の場合に起こる問題とは

あなたのサイトが、もし常時SSL(https)化を設定しなかった場合、Webサイトにアクセスした段階で「保護されていません(=安全ではないページ)」と警告されることになります。

全く問題のないサイトであったとしても、この警告を見たお客様は不信感を感じてしまいます。常時SSL(https)化を市内だけで、WEBサイトで地名的な信用度を失うというリスクが増えてしまいます。

その結果として訪問数などが減少・売り上げ減少につながる可能性があります。

だからこそ、安心してWEBサイトを閲覧してもらえるよう、できるだけ早い段階で、常時SSL(https)化することをおすすめいたします。

簡単3分!WordPressを常時SSL(https)にする方法

もくじ

  1. エックスサーバーで常時SSL(https)を申し込もう
  2. WordPressのURLを設定しよう!
  3. 内部リンクをすべてhttpsに書き換えよう!
  4. URLの正規化をするには、.htaccess利用した301リダイレクトがおすすめ

1:エックスサーバーで常時SSL(https)を申し込もう

まずはサーバーパネルにログインしよう!

エックスサーバーの場合、無料で設定することが可能です。まずはエックスサーバーのサーバーパネルへログインします。
エックスサーバーのサーバーパネルにログインしよう

まだレンタルサーバーアカウントを開設していない方は、下記より登録してみましょう。

ドメインメニュー/SSL設定リンクをクリック

サーバーパネルにログインできたら、ドメインメニュー内のSSL設定リンクをクリックします。

SSL設定リンクをクリックしよう

ドメイン選択画面から該当ドメインを選択

ドメイン選択画面より、常時SSL(https)化したいドメインを選び、「選択する」をクリックします。

ドメイン選択画面から該当ドメインを選択します。

SSL設定を完了させよう!

「独自SSL設定の追加」タブをクリックし、「独自SSL設定を追加(確定)」をクリック、SSLの反映を待ちましょう!

SSLの設定画面を完了させよう

SSL設定の設定完了

レンタルサーバー上の常時SSL(https)設定が完了すれば、下記のような画面になります。設定するまで最大1時間程度かかりますので、完了するまで待ちます。

SSL登録完了画面

2:WordPressのURLを設定しよう!

WordPressアドレスをhttpsに変更します

レンタルサーバーの常時SSL化が出来れば、WordPressのURLをhttpsに変更します。

WordPressのダッシュボードにログインし、「設定」→「一般」の順番でクリックし、一般設定管理画面を表示します。

  • WordPress アドレス (URL)
  • サイトアドレス (URL)

この2つのアドレスを、「http」から「https」に書き換えます。

3:内部リンクをすべてhttpsに書き換えよう!

WordPressの場合、基本的には自動でhttpsに書き換わりますが、手入力でリンク設定したものについては、そのままhttpとなってしまう場合があります。そんな時は、便利なプラグインがあります。

それが「Search Regex」というプラグインです。このプラグインは、WordPress内の全記事を一括で検索し、置換できるとても便利なプラグインです。

置換方法は、正規表現を使った方法から、単純にURLを置き換える方法まで、用途に応じて使用できます。

もちろん使えるのは、本文だけではありません。リンクやコメント、タイトルなども一括置換が可能です。

4:URLの正規化をするには、「.htaccess」を利用した301リダイレクトがおすすめ

ここまでくると常時SSL(https)化は、ほぼ完成です。

あと1つ重要な作業をして完了です!

その作業が、「.htaccess」を利用した301リダイレクト。

今でもSEO対策を依頼いただく上級アフィリエイター様の中にも、レンタルサーバー・WordPressの設定だけ変更して、常時SSL(https)化が完了したと勘違いしている方がとても多くいらっしゃいます。

本当にもったいない!

この「.htaccess」を利用した301リダイレクトを設定していない状態では、httpのアドレスにアクセスした人には、httpで表示されてしまいます。そのためhttpでアクセスしてきたユーザーにも、自動的に常時SSL(https)にリダイレクトさせるための正規化をする必要があります。

この「.htaccess」を利用した301リダイレクトは、コピペするだけでできるので、とっても簡単!

.htaccessを利用した301リダイレクトコード

RewriteEngine OnRewriteCond %{HTTPS} !onRewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]

このコードを、レンタルサーバーのpublic_html/直下にある「.htaccess」の最後に追記し、アップロードするだけです。これで自動的にリダイレクトができます。

またエックスサーバーならサーバーパネルからでも、「.htaccess」の修正が可能です。

エックスサーバーならサーバーパネルから.htaccessの修正が可能
「.htaccess」の編集は、サーバーの挙動を制御するためのファイルです。不用意に削除したり、修正するとアクセスできなくなるリスクもあるので、慎重に行いましょう。

まとめ

いかがでしたか?今回は、「たった3分!WordPressで常時SSL(https)に変更・301リダイレクトする方法」について紹介しました。常時SSL化の流れは、もう止めることはできません。Googleが推薦するからというだけでなく、プライバシーの保護・安全性などユーザーの事を考えると、常時SSL(https)は対応したほうがいいですよね。

少し手間がかかりますが、エックスサーバーなら無料で対応することができます。是非、参考にして常時SSL(https)を実装していきましょう。