Google検索のアップデートは、年間500回以上行われており、その1つ1つに対応することは現実的に不可能です。だからと言って、SEO対策を全くしないのは大問題です。

そこで今回は、検索順位が大変動する時に上位表示する為に知っておきたい、評価が下がる原因とSEO対策について解説しています。

スポンサーリンク







Googleのトレンドを把握して順位変動をうまく利用しよう

Googleの検索順位が変動する原因とは?

Googleの検索順位のアルゴリズムは、日々アップデートされており、その回数は年に500回以上と言われています。これが順位変動の原因です。そのため、Googleのアップデート情報をより早く入手し、対応することが求められます。

しかし、年間500回以上のアップデートに対応するのは、ほぼ不可能です。

そこで大きなトレンドを読むという方法がおすすめです。

Googleのトレンドを把握する

Googleのトレンドを把握するとはどういうことでしょうか?簡単に言ってしまえば、大きな流れを組み込んで運用することになります。

特に、下記の3つのポイントは外せません。

  • オリジナルコンテンツを発信する
  • スマホに対応させる
  • 表示速度を早くする

この3つのポイントを踏まえながら、今までのSEO対策の手法を上手く組み合わせましょう。

検索順位の大変動は、上位表示できる可能性大

大きく検索順位が変動した場合、ネガティブなイメージを思いがちですが、大変動のタイミングこそ上位化のチャンスです。検索順位が大変動するということは、ライバルサイトの順位も下がる可能性が高いからです。

逆にSEO対策のできたサイトは、Googleアルゴリズムのアップデートのたびに大きな影響を受けづらくなります。今はまだ上位表示しなくても、1つ1つ対策することで、急激な順位変動があった場合、上位表示する可能性が高くなります。

大きな順位変動が起きた場合や下落した場合、下記の原因と対処方法を参考にしてくださいね。

検索順位が下落した場合の原因と対処方法

1:小さな順位変動の場合

検索順位は常時何らかの要因で細かく変動しています。そのため、小さな変動は一時的な場合がほとんどです。少々の順位変動なら特に対処は不要で、その後の動向を見てから考えるとよいでしょう。

2:サイトの表示スピードが遅い場合

Googleアルゴリズムとサイトの滞在時間は大きく関係していると言われています。モバイル端末での検索が過半数を占める現在、モバイルで読み込んだ時の表示スピードが遅いと、ユーザーはすぐにサイトから離れてしまいます。

モバイル向けサイトの読み込み速度の改善が必要です。

3:狙ったSEOキーワードとは違うキーワードで検索順位が上昇している場合

上位表示のキーワードは、一つのページにつき一つに絞られる傾向があります。そのため、狙ったキーワードとは別のワードで検索順位が上昇すると、肝心のワードでの検索順位が表示されないことになってしまいます。その対策としては、狙っていないワードの使用を避けるか、狙ったワードの頻度を高めましょう。そのページで最も伝えたいキーワードをはっきりさせることが大切です。

4:googleアルゴリズムのアップデートが原因の場合

アップデートのなかには検索順位に多大な影響を与えるものもあります。たとえば、パンダアップデートの時など、その後の順位変動が非常に不安定になりました。これに対処するには、アップデート情報に敏感に反応するしかありません。Googleの公式ブログなど頻繁にチェックしましょう。

5:重複コンテンツとみなされた場合

自サイト内のコンテンツの重複を避けるには、301リダイレクトが有効です。他サイトとの重複を避けるには、よそと似通らないオリジナルなコンテンツを工夫してください。

6:ページがスパム判定された場合

Googleのガイドラインに違反する手法を取ったと判定されると、スパムと認定されてしまいます。心当たりのある部分について削除・訂正を行いましょう。

7:googleから手動ペナルティを受けた場合

サイト内におかしな外部リンクがないかを確認し、あった場合は削除します。削除できない場合は否認ツールを利用しましょう。その後、改善内容をドキュメントにしてGoogleに再審査のリクエストを申請します。

まとめ

いかがでしたか?今回は、「【2018年度版】Google検索の順位変動は大チャンス!評価が下がる原因と7つのSEO対策とは?」について紹介しました。SEO対策は、常にアップデートを繰り返しているため、全て対応することはコスト的にもあまりおすすめできません。

今回紹介した方法なら、Googleのトレンドに乗りながら、順位変動を上手く利用することができます。是非参考してくださいね。