SEO対策って費用が高くて、個人アフィリエイターにはどうして手が出せない。でも上位表示できなければ、報酬が減ってしまうから辛いですよね。そんな問題も、解決できる方法があります。

今夏は、お金がない個人アフィリエイターでもできるSEO対策の方法を紹介していきます。

お金がなくても最低限すべきSEO対策とは?

内部対策から始めよう

SEO対策はサイトへのアクセス数を上げるために必要なことですが、個人アフィリエイターにとっては、サイト運用にかけられる時間や資金がないというケースもあります。その場合は、最低限やっておくと役立つ項目をチェックして実行するようにしましょう。

まず、サイト全体に言えることですが、タイトルのつけ方を適切なものにするということです。具体的には、必ずタイトルにはキーワードを入れるようにします。そして、検索結果の列からあふれてしまうほど長いものにはせず、まとまった文字数のタイトルにすることも大事です。

さらに、タイトル以外にもディスクリプションを必ず作るようにして、そこにもキーワードを入れるようにします。ディスクリプションは検索サイトに表示されて、ユーザーがサイトを訪問するかどうかを決めるパーツとなりますので、見る人を引き付けるような文章を入れるというのも大事なポイントです。

対策ページのキーワードを意識する

SEO対策で大切なことは、必ずページごとにキーワードを設定するということです。検索エンジンはそのページが何について書いているのかを、出現するワードの回数などによって判断していますので、ページの方向性を決めるキーワードを選定して、それを基に記事を書くようにしましょう。

以前はキーワード出現回数など、内容にはあまり関わりなく、SEOテクニックを駆使することで検索結果上位を獲得できていた時期がありましたが、今では通用しないどころかユーザーにとっては不快感でしかありませんので、絶対にやめましょう。

サイトの中身、内容が重視されるようになっています。そのため、しっかりと内容を調査して信用できる情報を用いた記事を書くこと、プロに依頼して読みやすい記事を作成するなど、ページの質自体を向上させる努力を払うことはseo対策としてとても大事です。

この際、たくさんのキーワードを一つのページに入れるのではなく、1個か2個に絞ることが重要です。また、たくさんそのキーワードを入れ込めば検索に有利となることはなく、逆に意図的と見られて検索エンジンから嫌われることもあります。1,000文字程度の記事であれば、5個以内にするなどして、キーワードの出現回数も確実にコントロールすることが成功のポイントです。

また、古い情報をそのまま載せておくのではなく、最新情報を更新していくというのも大事です。こうした努力は、単に検索サイトからの評価を上げるだけでなく、実際にサイトを訪れたユーザーがそのサイトに留まり、リピートするかどうかのポイントともなりますので、重点的に取り組むようにしましょう。

リライトやメンテナンスは重要

SEO対策として用いられるテクニックはいろいろありますが、最低限のSEO対策、そして最上の対策となるのがサイト自体の質を上げるということです。これには、記事の内容がまず関係しています。

ユーザーが読んで価値があると思えるような、情報が豊富で実用的な情報を盛り込むようにしましょう。また、他のサイトからのコピペや引用ばかりの記事は避けるようにして、オリジナルの記事とすることも欠かせません。また、きちんと定期的に更新して、サイトが常に最新の情報を取り扱っているということをアピールできるようにしましょう。最も基本的ですが、効果に大きな違いが出るものですので、常に意識することが大事です。

急な順位変動は当たり前

少し前までは検索サイトの上位に位置していたのに、急に検索結果が下がってしまったという事態に対しても、同じ対策が使えます。これにはいくつかの要因がありますが、最も考えられるのが、検索エンジンのアルゴリズムに調整が加えられたということです。世界中で利用されている大手検索サイトは、いわゆるSEO対策のテクニックだけにとらわれることがないように、定期的に検索アルゴリズムを見直して調整しています。

その内容は一般には公表されませんが、アルゴリズムに関する最新情報を手に入れて、その時その時で適切なseo対策をすることが大事です。これを怠ると、サイトの寿命が短くなってしまうことになります。アフィリエイトサイトを運営していればよくあることなので、常に最新情報に更新することも大切です。

たどり着くのが被リンク対策

SEO対策として重要な位置づけにあるのが被リンクです。自サイトがどのくらいの数、どこからリンク付けされているのかというのは、そのサイトの信頼性を図る要因となるからです。学術的な論文が、どのくらいの数の論文で引用されているかによってその論文の有用性を図るのと一緒で、外のサイトから引用、リンクされていることが多いサイトは信用できて、役に立つサイトだと思われるのです。

しかし、以前はペラサイトを大量に作ってお互いにリンクさせてリンク数を増やすというテクニックが利用されていましたが、SEO対策最新情報では、こうした手法は役に立たないことが分かっています。きちんと質の高いページを作り、他からリンクされやすいサイトにすることが最重要なのです。

いかがでしたか?SEO対策にお金がかけられない個人アフィリエイターでも、内部対策やコンテンツの改善、投稿など無料できる対策はいくつもあります。是非参考にしてみてください。