独自ドメインをSEO対策にうまく活用する方法を知っていますか?アフィリエイトに使うドメインなんて考えたことなかった!という方にとっても、独自ドメインをどうすれば活用できるのかについて紹介します。

スポンサーリンク







SEO対策とドメイン名の関係について

独自ドメインは非常に重要なポイント!

サイトを作るためにはドメイン名を決める必要がありますが、じつはどんな独自ドメインを選ぶかがSEO対策において非常に重要なポイントなります。SEOといえばまず際と本文、記事の内容が重視されますが、こちらの独自ドメインのほうがじつは重要という意見もあるほどです。

それに対してSEO対策を行っている人の多くは、独自ドメインに関してはあまり配慮していない傾向があり、この差がそのまま検索順位の差になってあらわれることも多いのです。

評価される独自ドメインとは?

検索エンジンで評価されるドメインとそうでないドメインがあります。最大のポイントといわれるのが「長く使われているかどうか」。長く使われているほど信頼できる、安定したサイトと評価されて表示順位も上位にくるのです。

何度も変えているとそのたびに評価がリセットされてしまう形になるので不利になってしまいます。ドメイン名を売買するビジネスなどが存在しているのもこうした事情ゆえです。

それからサイトの内容にあったドメインであること。これは検索しやすさに直結するポイントです。たとえば法人のサイトのアドレスをみると「co.jp」がほとんど。これは法人としての信用が非常に高く、企業の公式サイトに適しています。ほかには情報提供向けのサイトが多く使用している「.info」、法人以外の営利目的のサイトが使用している「.net」、幅広くビジネス用途に使用されている「.biz」などが挙げられます。

つまり自分サイトがどのジャンル・目的なのか、どの路線を目指しているのかを明確にしたうえで適切なドメインを取得する必要があるわけです。

独自ドメインは宣伝効果も踏まえて取得しよう

SEO対策を視野に入れて考えると宣伝効果とキーワードの活用の両方を踏まえた名称が必要になってきます。ドメインにキーワードを入れたほうが検索順位が高くなるといわれる一方、ドメイン名は宣伝にもなります。店舗・企業の名前を入れるか、メインの商品や扱っているテーマを名前に入れるか。

ケースバイケースでよく検討したうえで判断することが求められます。特定のジャンルの情報や商品を扱っている場合にはそのテーマや商品を名称にする、企業やショップの場合は企業名を名称にする、個人の場合には自分をアピールしたいのか、それとも自分が提供している情報をアピールしたいのかで判断するといった基準のもとで決めていくようにしましょう。

繰り返しになりますが一度決めたドメイン名は途中で変えずに長く使い続けるのが原則です。それだけに最初の段階で選択・決定を間違えないよう心がけましょう。

サブドメインはSEO対策に使えるのか?

独自ドメインを数多く所有するアフィリイターは、ドメイン費用もバカになりません。できれば1つもドメインで複数サイトが運営できたら・・・と思いますよね。その方法が実はあるんです!それがサブドメイン。

今回は、サブドメインがどういったものか?簡単に紹介していきます。

サブドメインとは

サブドメインとはドメインを分割して使用する際に使用する文字数のことです。通常のドメインでは「○○○.com」といった名称になっていますが、その前に「×××.○○○.com」とつけると分割することができるのです。

簡単に言えばひとつのドメインで複数のホームページを持つことができることになるのです。ビジネス目的や個人使用などさまざまな目的で複数のホームページを運用するケースも少なくない現在、独自ドメインを分割して作成することで大きなメリットが得られます。

それぞれのサイトに独自ドメインを持つ必要がなく、ひとつのドメインで作成できる、しかも独自ドメインの評価をすべてのサイトに反映させることができます。これはSEO対策においてもとても重要なポイントです。

しかしデメリットも存在します。

サブドメインのデメリット

もし、1つのサブドメインが検索エンジンから、悪い評価をされた場合、関連するサブドメインの順位が下がると言われています。正式な関連性はないものの、そういったケースが多々あることを考えると、あまりおすすめできるSEO対策ではありません。

ではどうすればいいのでしょうか?

スピードSEOでは、リスクのことを考え、「1サイト1独自ドメインを貫くこと」をおすすめします。

検索エンジンでは長い間使われているドメインのほうが上位に検索されます。長く使っているほうが安定した評価を得ており、そのサイトも継続して更新、活用されていると判断されるからです。

ですから複数のサイトを運用しようと思った場合、新しい独自ドメインを取得し、独自ドメインで運営し、コンテンツボリュームUPとドメイン取得年数の経過により有利になるからです。

サブディレクトリを使う方法も有効

独自ドメインでSEO対策をするのと同時に、うまく使い分けたいのがサブディレクトリ。こちらはひとつのサイトをいくつに分けることができるものです。この両方を使い分けることで利用者にとってわかりやすく、また検索エンジンで上位に表示されやすいサイトを構築していくことができます。

ジャンルとテーマを踏まえて

この2つの使い分けのポイントは扱うジャンルとテーマです。まったく違うジャンルやテーマ(個人使用か商用かなど)を扱う場合にはサブドメインでまったく別のサイトとして運営するほうが適しています。逆に広い意味で同じテーマ、あるいは関連したテーマならサブディレクトリで同じサイト内で分けて運営するほうが適しています。

たとえばファッション関連で若い女性向けと大人の女性向けのページを作りたい場合にはサイトをひとつにしてサブディレクトリで分ける。投資などのビジネス目的と地域情報のページを作りたい場合にはサブドメインで別々のサイトを作る。

そうすることでドメインの評価を最大限に活用したうえでわかりやすく、また訪問者にとって利益の大きなサイトを作ることができるわけです。この点はSEO対策でも意外に見過ごされがちな部分なので頭に入れておきましょう。

いかがでしたか?今回は、SEO対策と独自ドメインについて解説させていただきました。今回ご紹介させていただいたように、今までのような短期勝負の薄いサイト運営ではなく、ユーザーに価値ある情報を提供できるコンテンツ重視のサイト運営が評価される時代になります。

その場合、サブドメインかサブディレクトリか迷うことも無くなるでしょう。1サイト1ドメインでユーザーに本当に価値ある情報を、提供できるサイトが上位表示できるようになります。未来を見据えて独自ドメインの取得方法を試してみてはいかがでしょうか?