文字数とコンテンツ数は今でも効果的なSEO対策の1つです。しかし、今までのように1000文字のテキストを書けば上位表示するという単純なSEO手法はもう通用しません。

そこで、上位化させるために必要な文字数とコンテンツの作成方法について紹介していきます。

スポンサーリンク







文字数か、それともコンテンツ数か?SEOに効果的な対策とは?

コンテンツ数と文字数が検索順に影響するって本当なの?

Googleによると、検索順位を確定するアルゴリズムでは、コンテンツ数や文字数は上位表示には関係していないと明言しています。重要なのはコンテンツの質ということですが、実際に検索上位に表示されるのは、コンテンツ数も文字数も多く情報が豊富なページが多くなっています。

いくらGoogleが関係ないと言っても、質の高いと判断されるページは情報量が豊富なため、必然的にコンテンツ数も文字数も多くなると考えられるでしょう。

文字数が多いほうがSEO対策に有効な理由

1記事が網羅する情報量を増やそうと思うと、必然的に文字数が多くなることは理解いただけるでしょう。文字数が多いほど情報の網羅性も高くなるのは火を見るよりも明らかです。したがって、文字数の多いページほど検索上位に表示されやすいということですが、これには質が伴っていることが前提となっていることに注意しなければなりません。

「ライバルが2000文字だから、3000文字書けばこちらの方が上位化するはず」と思っても、内容の薄いコンテンツでは評価されることはあり得ないのです。

コンテンツ数が多いほうがSEO対策に有効な理由

文字数が多いほどSEO対策に有効なことから、コンテンツ数についても同じことは容易に想像できるでしょう。訪問者の多いウェブサイトというものは、訪問者の大部分はトップページから訪問していません。8割がたは検索結果によって個々のコンテンツのページをダイレクトに訪問しています。

コンテンツ数が増えれば、ユーザーが訪問する入口もそれだけ増えるということです。よって、コンテンツ数が多いことが上位化に有効なのです。

パンダアップデート以降Googleが伝えたかったこととは?

コンテンツの質が高いサイトほど上位に表示されるようにすることがパンダアップデートの目的でしたが、Googleは、コンテンツ数と文字数はそれとは無関係と明言しました。しかし、実際はどちらも多いほど上位化しやすいわけです。では、Googleが伝えたかったことは何でしょうか。

それは、単純にコンテンツ数・文字数を増やせばよいわけではないということです。多いほど検索上位に表示されやすいとはいっても、質が低ければSEO的にまったく評価されません。逆に、マイナス評価を受けることもあり得ます。

安易にコンテンツ数や文字数を増やすことに意味はない、ということを強調したかったのだと思われます。

これからのコンテンツの作り方

したがって、これからはいかに質の高いコンテンツを作るかが重要になるということです。ユーザーの意図を想定して、そのニーズに応える情報を含めたコンテンツを作成し、コンテンツが評価されるようサイトの技術要件を整えていくことがこれからは求められます。

質のコンテンツを作るには、質の高い知識が必要です。いくら上手く構成できたとしても、高い知識量がなければ品質の低い価値ないコンテンツになってしまいます。つまり1つのコンテンツを作るには、ライティングに重点を置くのではなく、情報の収集・生理のためのインプットに重点をおきましょう。

スピードSEO的コンテンツ作成割合
  1. インプット:5割
  2. 設計・構成案作成:3割
  3. ライティング:2割

この手順でコンテンツを作成すれば、品質の高いコンテンツを作ることが可能です。

その結果、文字数は必然的に2,000〜3,000文字になってくるでしょう。

まとめ

いかがでしたか?今回は、「上位表示と文字数の関係とは?効果的なSEO対策にはコンテンツ数も見逃せない!」について紹介しました。上位化するために、文字数を増やすわけではありません。ただ闇雲にコンテンツを増やせばいいわけではありません。

質の高いコンテンツを作るために、文字数が増え、質の高いコンテンツを保管するためにコンテンツが増えていきます。このSEOの原理原則を突き詰めることが、効果的なSEO対策を行う秘訣です。是非参考にしてみてくださいね。