SEO対策で順位決定的で重要なカギを握っているクローラー。この検索エンジンのアルゴリズムを理解することは、検索結果の上位表示に直結します。
そこで今回は、SEO対策に欠かせないクローラーと検索エンジンのアルゴリズムを活用する方法を紹介していきます。今回は、SEO対策に欠かせないクローラーとアルゴリズムを活用する方法を紹介していきます。

スポンサーリンク







アルゴリズムを理解すればSEO対策がうまくいく?

アルゴリズムとは?

検索エンジンによる検索結果は人間が判断するのではなく機会がさまざまなデータをもとに判断しています。ネット上に存在する膨大なデータを考えれば当たり前のことですが、ではどんな基準で検出順位を決めているのか?という疑問も出てきます。感情や判断力を持っていない機会がどのような基準を持って順位を決めているのか、それを知ることができればSEO対策もより効率よく、効果的に行っていくことができるわけです。

そんな機会が検索順位を決めるための仕組み(計算)をアルゴリズムと呼んでいます。正確にはもっと広い意味でのデータの処理などに使用される言葉ですが、ネット上ではもっぱらSEOがらみの用語として使用されています。

膨大な情報をいかにして処理し、どこをチェックしてどう処理することで検索順位が決定されるのか。仕組みや優先順位といったポイントを知っておけばSEO対策の優先順位も決めやすくなります。

優先順位は?

ではどういった点がアルゴリズムにおいて優先されるのでしょうか?具体的な部分は各検索エンジンともに公開していないことが多いのですが、多くの面で共通しているといわれています。まずキーワード。検索エンジンを使用する人はキーワードを入力して検索しますから、そのキーワードがたくさん出てくる、効果的に使用されているサイトのほうが上位に検出されやすくなるわけです。

ただあまり大量に特定のキーワードを使用したり、わざとらしく使用するとスパムと判断されてしまうので要注意です。

なお、使用されるキーワードの数に関しては全体の文字数の5.5〜6パーセント程度がもっとも効果的だとするデータもあります。つまり全体の文字数、単語数を踏まえたうえでこの出現率の範囲内で活用することがアルゴリズム上有利になる形です。

あとは同じ文字、キーワードでも太字やフォントが大きい、アンダーラインが引かれている形のほうが検索上では重視されます。

複合キーワードの活用も

サイト内の本文だけでなくurlのタイトル、Hタグ内、画像を貼り付ける際のalt属性に使用されるキーワードなど幅広い範囲でこのキーワードの選定や活用が求められます。使いすぎは厳禁、もちろん日本語としておかしな形で挿入するのもNG。いかに自然な形で散りばめていくことができるか、アルゴリズムに引っかかるように心がけつつ、いい意味で目を盗むようなSEO対策を行っていきたいところです。

検索エンジンのクローラーがseo対策の鍵?

検索エンジンの検索結果に関係するのは、クローラー対策が重要だと聞いたことはありませんか?そんなクローラーに気に入れられる為の方法を紹介します。

検索エンジンを機能させるロボットのこと

SEO対策の目的はなんといっても検索エンジンにおいて高い順位を獲得することにあります。つまり「引っかかりやすい」サイトにするわけですが、そうなると検索エンジンがどのような仕組みで順位を決めているのかをよく知った上で対策を行っていく必要が出てきます。その際にとても重要な意味を持ってくるのがクローラーです。

検索エンジンでは膨大なデータを蓄積したうえでキーワードを解析・検出した順位を決めて表示しているわけです。つまりそのデータにたくさん蓄えられているキーワードを使用しているサイトほど検出されやすいことになります。これこそキーワード数やサイトの構成を決める鍵となるわけですが、そのデータベースを収集する役割を担っているロボットがクローラーなのです。もちろん世界中に存在する膨大な情報を人間が集めるのは無理がありますから、自動的に行うこうしたメカニズムが欠かせないのです。

クローラビリティがポイント

自分のサイトを巡回してデータを集めているわけで、いかに巡回しているときにデータをたくさん収集してくれるかどうかで検索順位にも違いが出てきます。キーワードを厳選するなどいろいろなseo対策を行っていてもこのロボットがデータを収集してくれないと検出されない、対策の効果が十分に得られないということになります。このクローラーが巡回しやすいかどうかを「クローラビリティ」と呼んでいます。ですから検索順位をアップさせたいならこのクローラビリティの向上も意識していく必要があるわけです。

どんな方法がある?

方法としてはこのメカニズムが収集しているファイルの種類を確認したうえでキーワード使用などを検討するのがひとつ。ワードやパワーポイントなどで作成されたファイルのほかにもPHPファイル、javascriptで生成されたリンク、PDFファイルなどが該当します。

また外部リンクを充実させることも大事な点です。孤立気味のサイトよりもいろいろなサイトとつながっているサイトのほうが巡回の際に見つけてくれやすく、データを収集してくれる傾向が見られます。

あとは階層が浅いサイトのほうが重要なコンテンツとして認識されるといわれていますから、あまり深い階層にしないようディレクトリ構造を見直してみるのもひとつの選択肢でしょう。seo対策の基本とも言える部分なので踏まえておきたい部分です。

この点はパンくずリストの設定も踏まえたうえで検討していくこと、リンクのないページを排除していくことなども頭に入れながら行っていきたい部分でもあります。