SSL化すると順位が落ちたり、料金が発生したりマイナスな口コミが多いSSLですが、本当にデメリットは多いのでしょうか?今回は、SEO対策に効果があるのかないのか?議論されているSSL化についてSEOの観点から紹介しています。是非参考にして見てくださいね。

SSL化するメリットデメリットについて

SSL化とは

SSLは、ウェブサイトのセキュリティを強化するための世界標準の技術のことです。サーバー・ブラウザ間のデータを暗号化して不正アクセスを防ぎます。

個人情報など外部に漏らしてはいけない情報を取り扱うページでは必須とされています。

SSLするのにはメリット・デメリットについて

SSL化のメリット

SSL化のメリットは、セキュリティがしっかりしていることの証明になるため、サイトを訪れる人に安心感を与えます。なりすまし対策としても有効です。また、SSL化されたサイトから別のドメインのサイトに移る際に警告が表示されるため、悪意あるサイトに意図せず飛ばされることを防ぐのにも効果があります。

SSL化のデメリット

それほど大きなデメリットはありません。フェイスブックの「いいね」などSNSのカウントがリセットされることぐらいでしょう。しかし、SSL化するページはすべてリセットされるので、サイト運営者全員にとって平等の条件です。SSL化を遅らせるより早めにSSL化した方が有利になる面が多いと考えられます。

SSL化はSEO対策に効果があるのか?

SSL化によって検索結果が上位になる可能性があります。Googleが常時SSL化を推進しており、SSL化されたページが検索順位を決めるアルゴリズムにおいて優遇されるようになります。

また、Googleのブラウザ「Chrome」では、SSL化されていないページを表示した時に「保護されていません」という警告メッセージがアドレスバーに表示される仕様になっているため、SSL化していないとユーザーに不安を与えてしまいます。

ユーザーが安心して使えるということはSEO対策としても効果があると言えるでしょう。

アフィリエイトサイトは必ずSSL化しよう

先ほども触れたように、GoogleがすべてのウェブサイトにおいてSSL化を推進している状況ですから、SSL化しないままでは時流に取り残されてしまいます。

実際、今後は安全性の高さがSEOの評価基準となるため、アフィリエイトにはSSL化が必須と言えるのです。

レンタルサーバーの無料SSLなら経済的

SSLには基本的に料金が発生します。ブランドやプランによって料金は異なりますが、年間で安くて数千円、高いと数十万円もかかってしまうでしょう。複数のウェブサイトを運営しているとSSLの料金だけでもかなりの負担です。

そういう場合はSSLが無料のレンタルサーバーを検討してみてはどうでしょうか。選択肢は多くありませんが、無料で本来高額なSSLを導入できるのは魅力です。

エックスサーバーなら導入の手続きや設定も業者が行ってくれるので、オススメです。エックスサーバーユーザーなら3分で簡単に設定することが可能です。

まとめ

いかがでしたか?今回は「SSL化するメリット・デメリットとは?料金は高い?効果あるの?みんなの疑問をズバリ解説」について紹介しました。

今後、常時SSL化はすべてのウェブサイトに必須となることは間違いありません。設定を変更するのは面倒ですが、SSL化は早ければ早いほど有利です。サイトを立ち上げる時は必ず設定することをおすすめします。是非試して見てくださいね。