WordPress(ワードプレス)のテーマには有料・無料のものがあって、どう比較したらいいのか悩みますよね。だからと言ってデザインだけで選ぶのは絶対NG!

そこで今回は、スピードSEOで実際に使った人気5テーマをSEOの観点から比較した、上位表示に強いWordPress(ワードプレス)有料テーマを紹介します。

スポンサーリンク







WordPress(ワードプレス)のテーマの選び方

ワードプレスのテーマって何?

ワードプレスのテーマとは、ワードプレスのデザインをあらかじめカスタムしてあるテンプレートのようなものをさします。管理画面からテーマをインストールすると、デザインだけでなくカスタムしやすいように、便利なカスタム機能が付いているものもあります。

サイトの外観を変えるいわゆる「スキン」のようなもので、WordPress サイトの表示の一切を受け持ちます。多彩なデザインの「テーマ」が数多く配布されていて、管理画面から 1クリックで簡単に切り替えられます。レイアウトや装飾を行なう「CSS」+どこにどのような情報を表示するかの「(x)HTML」+テーマ独自のオプション機能などのセットで、WordPress 本体を触ることなく、サイトデザインを自由自在にカスタマイズできます。

WordPress Codex日本語版

ワードプレスには有料・無料テーマがあるけどどっちがおすすめ?

ワードプレスのテーマを探すときに、有料テーマにするのか無料テーマにするのか?悩んでしまいますよね。

私も、初めてワードプレスを使い始めた頃は、SEOに強いかどうかも分からないまま、テーマコレクターのように有料・無料問わずテーマを探してはインストールして、カスタムを繰り返した経験があります。

以前なら、インストールしたテンプレートを「テーマの編集」メニューから、PHPというプログラム言語やHTML、CSSなどを用いて、カスタムしなければ使えないようなものばかりでしたが、今では、インストールするだけでそのまま使えるような高品質のテーマが数多く存在しています。

初めからカスタムすること前提なら無料テーマでもいいですが、低価格で高品質な有料テーマが使えるなら、間違いなく有料テーマがおすすめです。

WordPress(ワードプレス)の料金相場について

有料テーマの料金ってどれくらい?

有料テーマがおすすめと言っても、実際いくらするの?って気になりますよね。一般的には1万円前後が相場です。

でも料金だけで高い安いと判断するのは間違いです。使いやすさやデザイン力・SEO対策の有無など様々な観点から判断する必要があります。そしてもう1つ大切なポイントがあります。

それは使用条件です。

ワードプレスのテーマには、1テーマ1ドメインのものと、複数ドメインで使用できるタイプの2種類があります。少し料金が高くても、複数ドメインに利用できるのであれば、1テーマあたりの実質料金は下がります。

以上のことを踏まえて、スピードSEOがオススメする有料テーマを比較します。

おすすめの有料テーマ5つを徹底比較

THE THOR(ザ・トール)【オススメ度:

デザインとSEOを極めた、アフィリエイト向けハイブリッドワードプレステーマ

ワードプレステーマ「The THOR(ザ・トール)」
テーマ詳細
料金14,800円(税抜き)〜
ターゲット Wブログ・企業サイト
ライセンス複数可能
ランディングページ ー
THE THOR(ザ・トール)は、デザインとSEO対策を高いレベルで実現したハイブリッドテーマの1つです。使いやすいカスタムメニューも実装されているので、初めてのワードプレステーマとしても、十分満足できる内容になっています。
一度購入すれば、複数サイトにも使えるのが嬉しいポイント。

Emanon(エマノン)【オススメ度:

売れる仕組みが簡単にできるビジネス向けワードプレステーマ

テーマ詳細
料金9,800円(税抜き)〜
ターゲット ブログ・企業サイト
ライセンス複数可能
ランディングページ ◯
Emanon(エマノン)は、売れる仕組みが簡単にできるビジネス向けワードプレステーマです。内部SEO対策に強く、インデックスされやすいように設計されています。少し硬めのサイトやブログにおすすめです。当サイトもこのEmanonで作成しています。

JIN(ジン)【オススメ度:

おしゃれブログが始められると評判の、アフィリエイト向けワードプレステーマ

JIN(ジン)のWordPressテーマ
テーマ詳細
料金13,703円(税抜き)〜
ターゲットアフィリエイト・ブログ
ライセンス複数可能
ランディングページ
JIN(ジン)は、デザインとSEO対策を兼ね備えた、ブログ・アフィリエイト向けのWordPressテーマです。
有名アフィリエイターのひつじアフィリエイト氏とATLASの開発者赤石カズ氏によって作られただけあって、初心者でも上級者レベルのデザインが簡単に作れます。私も、JIN(ジン)を複数サイトで使ってます。

OPENCAGE(オープンケージ)【オススメ度:

モバイルファーストでカスタマイズされたスマホデザインには定評があります

OPENCAGEの有料テーマ
テーマ詳細
料金7,980円(税抜)〜
ターゲットブログ
ライセンス1ドメイン
ランディングページ
オープンケージは、スマホで見た時のデザインが美しい「モバイルファーストデザイン」が採用されています。テンプレートの種類は、「スワロー」「ストーク」「アルバトロス」「ハミングバード」の4種類。どれを選んでも、そのまま利用できるハイセンスデザインで、書くことだけに集中するブロガーに人気です。

Switch【オススメ度:

高級感のあるデザインテーマなら、TCDのSwitchテンプレート

TCDテーマ「Switch」
テーマ詳細
料金24,800円(税込)
ターゲット店舗サイト・商品サイト
ライセンス複数可能
ランディングページ
TCDテーマのSwitchは、店舗サイトや商品サイト作成に特化したワードプレステンプレートです。特筆すべきは、メインビジュアルに流れる動画です。
一瞬見ただけで、サイトクオリティーの高さが伝わります。
店舗集客や商品販売のLPにも使えます。
自分だけのブログを作るものおすすめ

 

ワードプレスのテーマもいいけど、もっとこだわって作りたいという方も多いですよね。だってテーマを使うと、手軽にサイトは作れるものの、他の人と同じようなテーマになってしまいます。

そんな方は、0からオーダーでWEBサイトを作ることを視野に入れてみましょう。WEBサイトを作る上で、一番大変なのが、制作会社の選定です。

実際、これからWEBサイトを作ろうとすると、よっぽど知り合いが多い人以外は、どんな業者があるのか?という業者探しから始めなくてはいけません。

そこでおすすめしたいのが、ホームページを比較して見つける@比較ビズ」さんです。

ホームページ制作会社を探すなら【比較ビズ】さんで、デザイン・料金等を比較して決めましょう。

ワードプレスのテーマ設定はとっても簡単

1.テーマのページを開こう

ワードプレスの管理画面から、「外観→テーマ」をクリックして、テーマページを開きます。
ワードプレスのテーマ管理画面

 

2.テーマの有効化をしよう

テーマのページが開いたら、好きなテンプレートを選び「有効化」ボタンをクリックします。たったこれだけで、テーマを変更することが可能です。

テーマを有効化しよう

 

新しくテーマを追加したい場合は、「テーマ → 新規追加 → テーマのアップロード → ファイルを選んでインストール」するだけです。

まとめ

いかがでしたか?今回は、「WordPress(ワードプレス)の大定番!SEOで失敗しない有料テーマ5つを徹底比較」について紹介しました。

ワードプレスの有料テーマの選び方って難しいですよね。

デザインだけで選んでいますと、SEO対策ができてなくてアクセスが全然集まらない…。なんてことにもなりかねません。

でも代表的な5テーマを比較することで、サイト運営目的にぴったりのテーマを見つけることができます。

是非参考にしてみてくださいね。